番号ポータビリティ

番号ポータビリティとは

現在ご使用中の着信課金番号(0120/0800など)を、ご利用中のCPaaSで継続してご利用いただくための手続きの総称です。ただし、一般的な番号ポータビリティはキャリアを越えて番号を継続利用するための手続きを指しますが、弊社が行うのは名義変更とそれに伴う着信先番号(裏番)変更、請求先変更のみ。キャリアを越えたポータビリティ手続きは行いません。

対応可能なキャリアサービス

  • KDDI フリーコール
  • NTTコミュニケーションズ フリーダイヤル

着信課金をCPaaSサービスへ持ち込む場合

手続きの前に

  • 現在ご利用中の着信課金番号が、KDDIフリーコールまたはNTTコミュニケーションズフリーダイヤルの場合
    ご利用中のCPaaSでの継続利用が可能です。
  • 現在ご利用中の着信課金番号が、上記キャリアではない(楽天やSoftbankなどの)場合
    KDDIフリーコールまたはNTTコミュニケーションズ フリーダイヤルへキャリア変更を行うことで、CPaaSでの継続利用が可能です。先にお客様側で上記いずれかのキャリアへ契約変更手続きを行ってください。

番号ポータビリティの手続きを行っていただくことで、他社で契約されている着信課金番号を引き続きご利用中のCPaaSでもご利用いただけます。ただし、現在の契約キャリアによってお手続きの流れが異なります。

手続きの流れ

illust_number-portability_01

スケジュール例

例:KDDIからCPaaSへ番号ポータビリティを行う場合

表:スケジュール例

番号ポータビリティのご利用を希望される方は営業までお問い合わせください。

Contact me,
your KWCPLUS

コミュニケーションに関するお悩みを
まずはお気軽にご相談ください