事例

  • Video会議室forGaroon

「手話をともなうビデオ会議」が気軽に開催できるようになりました

東京聴覚障害者福祉事業協会 様

法人本部事務局 財務・IT・研修担当 課長
原田洋行氏

東京聴覚障害者福祉事業協会 様

東京聴覚障害者福祉事業協会は、聴覚障害をお持ちの方向けの支援事業を行う組織で、ろう重複者のための施設およびグループホームの運営・障害児のための学童クラブ・手話通訳者や要約筆記者の派遣・養成を行っています。
同協会では、都内4拠点・職員約150名が利用するグループウェアとして「Garoon」を利用しており、2020年に登場したプラグインVideo会議室 for Garoonをいち早く導入しました。今回はプラグイン導入の経緯やその効果について、法人本部事務局 財務・IT・研修担当 課長の原田洋行氏にうかがいました。

導入前の課題

職員間のちょっとしたコミュニケーションを諦めていた

導入の決め手

手話を使うから「気軽にビデオ会議を作成できる」点が魅力だった

導入の効果

Garoonでの情報共有を通したより良いサービスの提供

今後の展望

「手話をともなう会議」を気軽に開催できる

職員間のちょっとしたコミュニケーションを諦めていた

Q:Video会議室 for Garoon導入前の課題を教えてください

2020年にコロナ禍で在宅勤務が始まると、どうしても「この人に会いたいけれど会えない」「相談したいけれどできない」ことが課題になりました。そこで、Zoom・Teams・Skypeなど色々なビデオ会議ツールを試し、最終的にZoomに落ち着きました。とはいえ、Zoomにはアカウント数に限りがあるので使いたい時に枠が埋まっていることもあり、職員間のちょっとしたコミュニケーションは諦めている状態でした。

手話を使うから「気軽にビデオ会議を作成できる」点が魅力だった

img_case01_02

2020年の夏、サイボウズのメールマガジンで「Video会議室 for Garoonトライアルの募集」を知り、応募しました。手話を使う私たちにとって「画面でコミュニケーションができる」ことはとても魅力的です。また、当協会ではZoomの予約はアカウントの管理部門に連絡をして行う運用なので、気軽に会議を設定できる状況ではありません。Video会議室 for Garoonは、Garoonアカウントがあれば誰でも会議を作成できることから「これまでより気軽に画面でのコミュニケーションができるようになるといいな」と思っての応募でした。

Q:Video会議室 for Garoonのプラグイン設定や全社導入はどのように進めましたか?

Video会議室 for Garoonのプラグインの設定はマニュアル通りに進め、スムーズに完了できました。

設定画面

Video会議室 for Garoonはプラグインを入れるだけで簡単だった

その後、全職員にVideo会議室 for Garoon導入のお知らせを掲示板で行いました。

img_case01_04

まずは全職員へのVideo会議室 for Garoon導入のお知らせを発信した

Q:職員の皆様はどのようにVideo会議室 for Garoonを利用されていますか?

Video会議室 for Garoonの導入は在宅勤務が始まったばかりの頃だったので、すぐに「ちょっとこれについて聞きたい」という10分〜1時間以下のショートミーティングに利用され始めました。Video会議室 for Garoonの良いところは、Garoonのアカウントを持っている職員なら誰でも、承認を得ることなくビデオ会議ができるところと、部屋の数をいくらでも増やせるところです。そのため「思い立った時、ちょっとつなごうか」という感じで利用されており、同時にいくつもの会議が行われています。私は管理者として「選択肢としてVideo会議室 for GaroonとZoomの両方あります」と伝えただけでしたが、皆さんが自由な発想で色々な使い方をされるうちに、「Video会議室 for Garoonの方がZoomより気軽だね」と感じて、自然にこの使い分けが行われるようになりました。

Video会議室 for GaroonとZoomの使い分け

  Video会議室 for GaroonとZoomの使い分け Zoom
用途 ショートミーティング
思い立った時
ちょっとしたコミュニケーション
定例ミーティング
大人数の会議
外部の方との会議
参加人数 ~8人まで 大人数
特長 誰でも気軽に即開催できる 外部の人とも利用できる

会議室の予約方法 ―会議室の予約はとても簡単―

Q:会議室の予約は簡単にできましたか?

簡単でした。Video会議室 for Garoonは、施設予約の中の「Video会議室」スケジュールから予約をします。

img_case01_05ビデオ会議室の予約はGaroonの「施設予約」から行う

ビデオ会議室の予約手順は「予定の登録をクリック」→「①日時の選択」→「②タイトルを入力」→「③参加者を追加」→「④Video会議室施設予約に追加」→「⑤登録ボタンを押す」の5ステップです。

img_case01_06

ビデオ会議室の予約手順

会議への参加は、施設予約のスケジュールから目的の会議の「予約の詳細」をクリックし、詳細画面に表示されている「V4G起動」ボタンを押すとビデオ会議室が立ち上がります。

img_case01_07

「起動ボタン」1クリックで会議を開始できる

「手話をともなう会議」を気軽に開催できる

Q:Video会議室 for Garoonの導入効果を教えてください

手話をともなうビデオ会議が気軽にできるようになりました。Garoon上の文字だけよりも、実際に顔を見てコミュニケーションできることで、より正確に、ニュアンスも含めて伝わりやすくなったと思います。

 

気軽にビデオ会議を開催できる
手話をともなうビデオ会議風景

気軽にビデオ会議を開催できる

手話をともなうビデオ会議が気軽にできるようになりました。Garoon上の文字だけよりも、実際に顔を見てコミュニケーションできることで、より正確に、ニュアンスも含めて伝わりやすくなったと思います。

会話の「字幕表示」が情報の一つとして伝達の助けになる
シフトの話し合いなど「画面共有をしたいだけ」の場合にも便利

会話の「字幕表示」が情報の一つとして伝達の助けになる

手話をともなうビデオ会議が気軽にできるようになりました。Garoon上の文字だけよりも、実際に顔を見てコミュニケーションできることで、より正確に、ニュアンスも含めて伝わりやすくなったと思います。

Garoonでの情報共有を通したより良いサービスの提供

Q:Video会議室 for Garoonにおける今後の展望を教えてください

Video会議室 for Garoonは、最新のバージョンアップで画面共有が可能になり、かなりZoomに近い使用感になりました。今後は、8人以内の会議であれば、ZoomでしていることもVideo会議室 for Garoonに切り替えて行こうと思います。Video会議室 for Garoonの用途が増えて、Zoomとの使い分けが一層進むと、費用はもっと抑えられると考えています。
また、より良いサービスを提供するためには、情報が共有されていることが大事です。ある利用者様に支援をする際に、その方の情報がどれだけ共有されているかによって同じようなサービスの提供であっても、質が上がっていくからです。Video会議室 for Garoonで「画面でちょっとした打ち合わせ」を重ねていくことで、コミュニケーションが深まり、双方の距離が近づいて、それが利用者様に提供できるサービスの質向上につながることを期待したいと思います。

貴重なお話をありがとうございました。
取材:2021年12月1日

Contact me,
your KWCPLUS

コミュニケーションに関するお悩みを
まずはお気軽にご相談ください